姓名判断とは?

姓名判断の五格とは?

姓名には天格・人格・地格・外格・総格からなる五つの格=五格があり、この画数により判断します。

姓名判断 五格とは

天格=苗字の画数

先祖代々からのもで、個人的な良し悪し=吉凶を判断することはありません。

地格=名前の画数

人格部の作用を支持し、安定させるかどうかは地格によります。別名を前運とも言い、
幼少期〜青年期頃の若い運勢を示します。

人格=姓の一番下の字と名前の一番上の字の合画数

運命の最も重要な部分。中年期からの社会的に活躍する期間を捉え、
性格・適性・職業の良否などを中心に判断します。

外格=姓の一番上の字と名前の一番下の字の合画数

家族・夫婦縁・対人運・社会性を捉えます。人格の副運作用とも言い、
人格と外格は対照して判断します。

総格=姓名の全画数

後天運に影響をします。他の格に多少の吉凶があってもこの総画が良ければ、
中途の凶運を乗り切る資質と運を有していると判断します。

実例:織田信長を姓名判断

では、織田信長を例に姓名判断をしてみましょう。

織田信長の姓名判断。人格14、地格17、外格26、総画40

地格=17画

この画数=相手に対し不快を感じさせる欠点を持ち、性格は剛情となります。
この点を慎めば、万難を突破する気力・意志を備えており幸運・吉運を招きます。
幼少期は周囲に「うつけ者」「変人奇人」とよばれ、奇妙奇天烈な格好で町中を飛び回り、
周囲の大人の言う事など聞く耳をもたず、野山を駆け回る。
実父の葬儀に灰をぶちまけたは有名な話です。

人格=14画

この画数=破兆・離別・孤独を意味し、浮き沈みがある。
苦労しても功が少なく、他の運気との配合により天寿を損なう者もいます。
信長は周囲の及びもつかない、奇策で様々な分野に改革を施しました。
楽市楽座の設置・鉄砲による集団戦術などなど、しかしその一方で、
天皇に対する劣等感をもち、自らを神化させたり、周囲の強敵を圧倒し京に上がり、
一時的に財産を得て人も集めたが再び周囲の反撃に遭い撤退せざるをえない状況になる等、
浮き沈みの激しい不安定な運気を送りました。

外格=26画

この画数=変怪波乱英雄運。天才的資質を有し、不出世の偉人、怪傑を生みます。
但し、力不足の者には一生困苦して産を破り、孤独に泣く大凶運です。
「鳴かぬなら殺してしまえ ホトトギス」と詠まれて分かるように、
部下に異様なまでも恐れられていましたが、不思議に優秀な人材が集まっていました。
これも英雄運によるものでしょう。
しかし傲慢なやり方が人望を集めることが出来ず、長続きしませんでした。
これも人格の副運作用からなる孤独・破兆が意味するところでしょう。

総画=40画

この画数=進めば難あり、退いて旧守の態度で世に処せば平安を得る。
投機を好み、山師的な生活を送る者もある。他運との組み合わせにより吉凶に分かれます。
桶狭間の戦いで今川義元に勝って以来、破竹の快進撃を続けるも、
全国統一を目前に腹心である明智光秀に本能寺で奇襲をかけられ、
炎の中に消えた信長ですが、好調期にも謙虚さを忘れず、
周囲の人や部下に誠意を尽くしていれば、天下統一は夢でなかったと判断されます。
織田信長を姓名判断
過去の特集記事 : 四柱推命とは? ・ 手相とは? ・ 印相学とは?
< 最新の今月の特集に戻る

PAGETOP ↑